ロキノン爺の逆襲

音楽のことをつらつらと。主にアルバム、曲のレビュー

チャットモンチー「サラバ青春」×大阪環状線103系


103系引退スペシャルムービー 「LOOP 大阪環状線」

 

評論チックな文章が多かったけれど、今回は一人のロック好きとして、一人の鉄道好きとして心を揺さぶられたので書きなぐる。

 

続きを読む

RISOKYOでポップに遊ぶ「Awesome City Club BEST」

 

バンド名は知っていたけど、どこから入ればいいかなーと悩んでいたところにベスト盤がリリースされていた。軽い気持ちで聴いたら見事にハマった。

 

続きを読む

地続きの音楽を示す スピッツ「1987→」

 

スピッツが結成30周年である。自分が生まれる前からはじまったバンドが未だに最前線で活躍している。心から祝福する。

 

続きを読む

COLDPLAY A HEAD FULL OF DREAMS TOUR at Tokyo(2017/4/19)

f:id:Bassist_1993:20170424191052j:image

14歳の頃から聴いていたイギリスのロックバンドが目の前に居る。極東の小さな島国で観れた。どれだけ幸せなことだろうか。

 

東京ドームに着くと外国人の姿が多く、成田空港の国際線ターミナルにでも迷いこんだかと思った。ビールとおつまみを買いこんでのんびりと開演を待つ姿は日本のライブ会場よりちょっと余裕があって素敵だった。

 

続きを読む

魂と光の叫びを聴け SPECIAL OTHERS「マイルストーン」

 

マイルストーン

マイルストーン

 

スペアザとボーカリストとのコラボアルバム「SPECIAL OTHERSⅡ」がリリースされた。優れたメロディに、力のあるボーカリストが重なって音楽を紡いだ前作「SPECIAL OTHERS」を更にレベルアップさせたということで期待が高まった。先行リリースされた、斉藤和義との「ザッチュノーザ」も良い完成度だった。

参加アーティストの世代も広めで、最近のバンドに追いつけていない自分には刺激的だった。在日ファンクはともかくフォーリミは聴いたことなかったから新鮮だった。

 

続きを読む

 BOOM BOOM SATELLITES「LAY YOUR HANDS ON ME」

LAY YOUR HANDS ON ME

LAY YOUR HANDS ON ME

 

思っていても、口にしてはいけないことは世の中にありふれている。

一昨年、アリーナ公演が発表された際、その「口にしてはいけないこと」を直感した。考えるよりも先に手が動き、気がつけば手元にチケットがあったと記憶している。

しかし、そのチケットを使うことはなかった。

 

続きを読む

名曲に阪急マルーンを添えて 「くるり的阪急京都線沿線再発見スタンプラリー」


f:id:Bassist_1993:20160930205358j:image

 

シン・ゴジラで書いたらPVが伸びて感動…。ありがとうございます。

 

 

さて、「元「京都の大学生」が語る、くるりと京都」というタイトルで下書きをしていた記事がありました。

それをぼちぼち進めようと思ったところで、こんなニュースが飛び込んできました。

 

 「くるり×阪急電鉄スタンプラリーで京都の魅力を再発見」(ナタリー)

 http://natalie.mu/music/news/201078

 

阪急電車くるりとは…!!自分のためだけにある企画なのではないかと思いました 笑

大学二回生まで、阪急電車でアルバイトをしていました。河原町駅から桂駅にかけてが管轄エリアで、朝晩の通勤客を相手していました。マイク放送もやったりしていました。

 

今回は、スタンプラリーで取り上げられている駅と楽曲をレビューしていきます。

 

続きを読む